文化審議会は、平安神宮に保存されている京都市交通局2(元京都電氣鐵道)を重要文化財に指定することを答申した。路面電車では初の指定となる。

 京都電氣鐵道だった1911(明治44)年に梅鉢鉄工場で製造され、京都電氣鐵道が京都市に買収されて京都市交通局に引き継がれ、1961(昭和36)年の北野線廃止直前に廃車された。台車など一部に外国製品を用いたものの、先駆的な初期国産路面電車であり、単車の路面電車の造形の規範となったこと、廃車時の現状をよくとどめていること、製造年代が明治時代に遡る遺例稀な路面電車車輌であり、交通史上、科学技術史上に価値が高いことにより、重要文化財に指定されることとなった。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※ 1 MBまでの画像ファイル(jpg、gif、png)を添付できます。撮影場所、日付の記載をお願いします。
※ 添付ファイルは、KTT内で使用させていただく場合があります。

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。