京福電気鉄道は、御室仁和寺駅に御室桜を植樹し、沿線での桜の育成・メンテナンスを実施することになった。

 御室仁和寺駅の北野白梅町行きホームにあったシダレザクラは、テング巣病に侵されていて再生は難しいことから、2月29日に仁和寺で育成されている「御室桜」の苗木が植樹された。

 また、沿線の桜は、台風の影響で枝葉の折損や倒木が生じ、老齢化も著しく、手入れが必要な状況となっていた。特に、北野線鳴滝~宇多野の桜並木「嵐電桜のトンネル」のソメイヨシノは、北野線開業時に植樹され、約95年が経過して老齢化していることから、「嵐電・桜のトンネルライトアップ」は当面休止し、桜木のメンテナンスに注力することになった。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※ 1 MBまでの画像ファイル(jpg、gif、png)を添付できます。撮影場所、日付の記載をお願いします。
※ 添付ファイルは、KTT内で使用させていただく場合があります。

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。