福鉄線内

福大前西福井

新田塚

 えちぜん鉄道は、3月27日に福井鉄道と相互直通運転を開始した。えちぜん鉄道側の直通運転区間は三国芦原線田原町~鷲塚針原(6km)で、福井鉄道の越前武生まで(26.9km)直通運転を行う。相互直通列車の名称を「フェニックス田原町ライン」とし、朝は福大前西福井~越前武生を2往復、日中から夕方に鷲塚針原~越前武生を9往復する。中角は、低床ホームが設置できないため、直通列車は通過となる。相互直通列車の利用者目標は、これまでの連絡運輸利用者をベースに、3年目に10万人増を目標としている。


田原町

福大前西福井

日華化学前

八ツ島

新田塚

鷲塚針原

 直通運転区間の各駅は、もともと高床ホームのみであったため、超低床電車に合わせた低床ホームが新設されている(中角駅を除く)。

 相互直通運転開始に合わせて、2車体連接の超低床電車L形が登場し、直通列車にはL形が充当されている。

 直通運転開始当日には、相互直通開業記念一日フリーきっぷ、共通1日フリーきっぷが発売された。

関連リソース