富山地方鉄道は、3月21日(土)に南北接続開業する。富山駅の北側を走る(元富山ライトレール)富山港線を延伸して、富山駅の南側を走る市内軌道線と、富山駅高架下で接続し、市内軌道線と富山港線の直通運転を開始する。

 富山港線富山駅北電停から富山駅高架下までの約90mを延伸し、富山駅北電停を富山駅高架下に移設して富山駅電停とする。延伸区間は上下分離方式で、軌道整備事業者が富山市、軌道輸送事業者が富山地方鉄道となる。

 南北接続開業に伴い、市内軌道線と富山港線でダイヤ改正を行う。富山港線直通の系統として4~6系統が新設される。系統番号は設定されているものの、これまでと同様に、行先表示器に表示されたり、放送で案内されることはない。富山港線は、線内の運行は無くなるため、富山駅折り返しは無く、全列車が市内軌道線と直通運転し、終日にわたり環状線(6系統)、南富山駅前(4系統)、富山大学前(5系統)のいずれかと直通運転する。各運行系統の変更点は、以下のとおり。

  • 1系統(南富山駅前~富山駅)
     運行区間に変更は無く、発車時刻が変更される。
  • 2系統(南富山駅前~富山大学前)
     運行区間に変更は無く、日中の毎時1本を富山駅で分断して富山港線直通の4系統と5系統に変更するため、毎時1本が削減される。
  • 3系統(環状線)
     運行区間に変更は無く、朝と夜の毎時1本、日中の毎時2本が富山港線直通の6系統に変更するため、3系統としては毎時1~2本が削減される。
  • 4系統(岩瀬浜~南富山駅前)
     富山港線と市内軌道線の南富山駅前を直通する系統で、富山港線内の運行だった電車のうち、日中の毎時1本が南富山駅前まで直通の4系統になる。
  • 5系統(岩瀬浜~富山大学前)
     富山港線と市内軌道線の富山大学前を直通する系統で、富山港線内の運行だった電車のうち、日中の毎時1本が富山大学前まで直通の5系統になる。
  • 6系統(岩瀬浜~環状線)

     富山港線と環状線を直通する系統で、富山港線内の運行だった電車のうち、朝と夜の毎時1本、日中の毎時2本が環状線直通の6系統になる。行先の表示は、岩瀬浜から富山駅まではグランドプラザ行きで、富山駅からは岩瀬浜行きとなる。

 車両の運用は、富山港線直通(4~6系統)と環状線(3系統)には0600形、デ9000形、T100形の超低床電車のみで、デ7000形とデ8000形は市内軌道線(1・2系統)のみとなる。

 富山港線で実施されている信用降車は、3月20日で終了となる。

 南北接続記念グッズとして、クリアファイル、トートバック(2種類)、ピンバッジセットが3月21日に発売される。電鉄富山駅売店、宇奈月温泉駅売店にて発売。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※ 1 MBまでの画像ファイル(jpg、gif、png)を添付できます。撮影場所、日付の記載をお願いします。
※ 添付ファイルは、KTT内で使用させていただく場合があります。

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。