広島電鉄は、2019年10月1日に「市内線ICカード再乗車サービス」を開始した。

 ICカードを利用してカードリーダーへタッチして乗降する場合に、市内線全電停において、降車後60分以内に降車した電停から後戻りにならない乗車に限り、運賃の引き去りなしで再乗車できる、というサービス。2回以上の再乗車にも適用される。白島線降車後、本線に乗車した場合は、両運賃の差額運賃を引き去られる。PASPYの他、交通系ICカードでも適用される。また、紙屋町東、紙屋町西、本通の3電停は同一電停の扱いとなる。

 なお、すべての乗降時にカードリーダーへタッチをしていない場合、交通系ICカード1枚で複数人の利用、交通系ICカードで乗務員操作が必要な利用の場合はサービス不適用となる。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※ 1 MBまでの画像ファイル(jpg、gif、png)を添付できます。撮影場所、日付の記載をお願いします。
※ 添付ファイルは、KTT内で使用させていただく場合があります。

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。