東急世田谷線は、3月25日から再生可能エネルギー100%による運行になり、「日本初の二酸化炭素排出量ゼロの都市型通勤電車」となった。

 東北電力と東北自然エネルギーが保有する水力発電所と地熱発電所で発電された再生可能エネルギー由来の電力を、東急パワーサプライが取次いで供給し、世田谷線の営業列車、車庫内の運行で利用する。これにより、世田谷線は都市型鉄軌道線における、日本初の再生可能エネルギー100%の電力による通年・全列車の運行となった。東急の中期経営計画におけるスローガン“Make the Sustainable Growth” 実現のための重要テーマ「低炭素・循環型社会」を実現する取り組みの一環となる。

 再生可能エネルギー100%による運行初日となった3月25日には、三軒茶屋駅で出発式が開催されている。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。