東急8637FがBunkamura号になり、4月22日に運行を開始した。来年開館30周年を迎える「Bunkamura」のロゴのヘッドマークを掲出、車体側面にロゴや施設写真などをラッピングし、車内広告をジャックして施設や公演に関する情報を発信している。

 Bunkamura号の運行は、さまざまな文化に対する関心を持つきっかけとなり、Bunkamuraへの来館に繋がることで、「文化」がより身近な存在になることを目指している。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。