北区飛鳥山博物館では、10月27日~12月9日に秋季企画展「都電の記憶ー北区ゆかりの19系統・32系統を巡ってー」を開催している。

 元フリーカメラマン西山英明氏から提供を受けた白黒ネガフィルムのうち、19系統と32系統を原板から直接焼いた全紙大のパネルと、地図や両系統で使用された都電器具類などを展示する。

 また、10月28日と11月11日には学芸員によるフロアレクチャー、12月9日には映像企画「都電の記憶」(要事前申し込み)が開催される。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。