鹿児島市交の超低床電車が運行開始

 アルナ工機で製造されていた鹿児島市交通局の超低床電車が完成した。海上輸送されて谷山港で、1011は昨年の12月8日に、1012、1013は12月15日に陸揚げされた。車体は、腰より上がレモンイエロー、腰より下がベージュとなっている。諸元は下記の通り。下記の鹿児島市交通局のサイトでは、運行予定時刻などが掲載されている。
 1月15日から営業運転を開始する予定で、当日は10:00から鹿児島駅前電停にて運行開始式が行われる。
 また、超低床電車の運行開始を記念して、1月14、15日は、運賃が大人100円、小人50円に割引される。

最大寸法(長さ×幅×高さ)14,000×2,450×3,200mm
定員(座席)55(24)人
自重19.0t
集電装置シングルアームパンタ
制御方式VVVFインバーター制御
駆動方式カルダン
台車SS01

関連リソース