日光市霧降高原のチロリン村で保存されている東武鉄道日光軌道線109(岡山電気軌道3010)が、3月18日に東武日光駅前に移設され、整備された駅前広場の竣工式が3月30日に開催された。

 チロリン村が日光市に無償譲渡し、東武日光駅前に展示スペースが整備された。合わせて、車体の補修やパンタグラフが石津式からZパンタに交換された。3月30日の竣工式の後に車内が公開されたが、通常は車内は非公開となっている。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※ 1 MBまでの画像ファイル(jpg、gif、png)を添付できます。撮影場所、日付の記載をお願いします。
※ 添付ファイルは、KTT内で使用させていただく場合があります。

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。