JR九州は、年末に筑肥線、元日にカウントダウンイベント開催に伴う臨時列車を運転する。また、「元日九州初旅きっぷ」を発売する。

 筑肥線で、12月6~27日の金曜日に、臨時列車「フライデー・ナイト・トレイン」を運行する。博多24:37発筑前前原行き、筑前前原23:39発博多行きの2本を運行する。

 元日にカウントダウンイベント開催に伴う臨時列車を運転する。ハウステンボス発博多行きの特急ハウステンボスを4本、ハウステンボス発の普通ハウステンボスカウントダウン号を8本(佐世保行き5本、長崎行き3本)、門司港24:55発博多行きの普通列車、博多発福間行き普通列車を2本を運転する。

 元日に有効な切符として「元日九州初旅きっぷ」と「元日九州初旅ネットきっぷ」を12月1日に発売した。元日に限り、全線の新幹線・特急列車・普通列車の自由席が乗り降り自由な切符で、おとな13,300円(インターネット列車予約の「元日九州初旅ネットきっぷ」は12,300円)、こども2,000円。駅や九州内の旅行会社、インターネット列車予約で、12月30日まで発売。

関連リソース