札幌市交通局は、2020年に路面電車事業を上下分離する。施設・車両の保有整備主体は引き続き札幌市交通局で、旅客運送主体は一般財団法人札幌市交通事業振興公社が担う。

 路面電車事業に上下分離を導入することで、経営基盤の強化、安全管理体制の維持・継続、新たな事業展開による収益向上、利用者サービスの向上などを可能とし、交通局が引き続き施設・車両の保有整備を担うことで、路面電車を札幌市のまちづくりに活用していく。
 上下分離移行時は、現在の交通局の正職員を公社に派遣、非常勤運転手を公社に移籍するなどで、現行の運行体制と同じ体制とする。
 乗車料金や運行ダイヤは、現在と同じ水準を維持する予定。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。