東急8695Fが、2018年12月11日の営業運転を最後に運用から離脱した。中間車の8両は、1月22日までに搬出され、解体となった模様。先頭車の2両は、長津田工場に留置されている。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。