JR九州筑豊本線(若松線)若松駅で、12月1日にジャズのメロディーを活用した放送を開始した。

 若松駅への親しみ、にぎわい創出を目的として、「九州ジャズ発祥のまち若松」としてまちづくりを進める北九州市若松区の協力で行う。ジャズのメロディーの放送は、 列車接近前・到着後と、9:00~17:00にBGMとして行う。

 また、ホームの駅名標に、若松区のイメージキャラクター「わかっぱ」を掲載する。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。