東急は、南町田駅の駅名称を2019年度中に「南町田グランベリーパーク」駅に改称する。
 「南町田グランベリーパーク」のまちびらきに合わせて駅名を改称するもので、駅名をまち名称と同じ名称とすることで、新しいまち名称の認知度向上、まちにさらなる愛着を持ってもらうこと、訪れた人に、駅に降り立った瞬間に新しいまちに来たことを実感してもらうことを目的としている。

 合わせて、平日も急行列車が停車するようになり、駅施設が大型改修される。コンコース改修による開放的な駅空間を創出し、正面口改札と南口改札を設置、エスカレーター・ホームドアを設置、南北自由通路を整備、旅客トイレ・ホーム待合室をリニューアル、正面口改札前に店舗などの駅前利便施設を配置する。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。