長崎電気軌道は、11月29日にダイヤ改正を行った。公会堂前交差点における、3号系統のルートになる諏訪神社前方面~桜町方面の曲線半径を緩和する復旧工事が完了し、試運転で安全が確認できたことによるもの。これにより、3号系統が全区間で運行を再開した。それに伴い、4号系統の運行間隔が約13分になり、公会堂前での乗継券の発行を終了した。

 各系統の変更点は、以下のとおり。

  • 1号系統
    3号系統の全区間運行再開に伴い、朝ラッシュ時と21時台に減便する。
  • 2号系統
    朝の運行は無くなる。
  • 3号系統
    全区間で運行を再開し、超低床電車の運行も再開する。朝ラッシュ時と21時台に増便する。
  • 4号系統
    3号系統の全区間運行再開に伴い、運行間隔が20時台までは13分、21時台以降は20分に減便される。
  • 5号系統
    21時台に1往復減便となる。
系統運転間隔(朝ラッシュ)運転間隔(日中)
1号系統2~6分5分
3号系統4~6分→3~5分6分
4号系統8分→13分8分→13分
5号系統8分8分

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。