東急は、3月25日に東横線と目黒線でダイヤ改正を行った。主な改正点は、以下のとおり。

  • 東横線
    • 西武40000系ロング・クロスシート転換車を使用した有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行を開始する。運行区間は、元町・中華街~西武秩父(所沢行き、飯能発着の列車もあり)で、土休日に2.5往復する。
    • 祐天寺の通過線を使用開始し、平日朝オフピーク時間帯の上り通勤特急・急行の所要時間を短縮する。上りは、優等列車は2番線(通過線)を使用し、待避は平日朝ラッシュのみ行う。下りは基本的に1番線を使用し、S-TRAIN4号だけ2番線を使用して、各停を追い越す。
    • 平日朝の自由が丘発各駅停車菊名行きが廃止される。
  • 目黒線
    • 平日
      • 朝ラッシュピーク後の時間帯に、上り急行2本を増発する。
      • 22時台に上下急行各1本、23時台に上り急行、上り各停1本を増発する。
      • 24時台の下り目黒発列車2本を、地下鉄線からの直通列車に変更する。
    • 土休日
      • 7時台に上り奥沢発各停1本、18時台に上り急行1本、24時台に下り各停1本を増発する。
      • 7時台の下り奥沢発列車1本を、地下鉄線からの直通列車に変更する。
      • 西高島平発日吉行最終列車の目黒の発車時刻を24:15→24:19発に繰り下げる。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。