筑豊電気鉄道5002が登場した。5001からは塗色が変更され、沿線3市(北九州市、中間市、直方市)の緑豊かな自然と明るい未来をイメージするライトグリーンとなっている。シートの色は、グリーンとブルーなどのマルチストライプに変更されている。
 3月1日に営業運転を開始した。5月9日までは、前後で異なるデザインのデビュー記念のヘッドマークを取り付けて運行している。

関連リソース