JR九州は、12本目の新しいD&S列車として、黒い787「36ぷらす3さんじゅうろく ぷらす さん」を2020年秋に運行開始する。

 九州全県を巡る列車で、木曜日から月曜日の5日間をかけて5つのルートを運行する。水戸岡鋭治氏のデザインによる787系6連を使用し、全車グリーン車で、ビュッフェが復活する。

 『世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る「36ぷらす3」は、九州を楽しむ35のエピソードを詰め込み、楽しむことで、お客さまご自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい。』という想いが込められている。さらに、『この列車で、驚き、感動、幸せを届けて、「お客さま、地域のみなさま、私たち」でひとつになって、39(サンキュー!)=「感謝」の輪を広げていく!』(36ぷらす3=39)としている。

 5つの運行ルートは以下のとおりで、門司港を除く記載の各駅で乗降できる予定。日中の時間帯に運行し、寝台はない。各日単位で乗車でき、年間45週程度運転する予定。その他、車両の詳細、運賃、運転時刻、運転日は検討中で、今後発表される。

  • 木曜日 : 博多→熊本→鹿児島中央
  • 金曜日 : 鹿児島中央→宮崎
  • 土曜日 : 宮崎空港・宮崎→大分・別府
  • 日曜日 : 大分・別府→門司港→小倉→博多
  • 月曜日 : 博多→佐賀→長崎/長崎→佐賀→博多

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。