鉄道総合技術研究所が開発している電池駆動超低床電車Hi-tram LH02形が登場した。LH02形は、架線と電池の片方、または両方からの電力で走行できる架線・バッテリーハイブリッドLRVで、全長12.9m単車の超低床電車である。鉄道線への直通運転も可能なように直流1500Vにも対応している。
 11月22日からは札幌市交通局の路線で試験運転を行っている。

関連リソース