富山地方鉄道は、中町停留所新設に伴い、2013年5月17日にダイヤ改正を行う。3系統(環状線)は、新設以来初めてのダイヤ改正となる。

 中町電停の新設により、1・2・3系統ともに、所要時間が4分伸び、日中の運転間隔は10分から11分になる。
 1・2系統は、朝ラッシュは2系統の運転のみとなり、1系統は運転されない。

系統所要時間運転間隔(朝ラッシュ)運転間隔(日中)
1系統14分→18分14~19(平均15)分→運転なし10分→11分
2系統28分→32分4~9(平均6)分→5分10分→11分
3系統(環状線)18分→22分22分30秒10分→11分

工事中

完成後

 中町(西町北)(なかまち にしちょうきた)停留所は、西町の南富山駅前方向停留所北側にある交差点の北側で、本線の西町と荒町の間に新設されるが、富山駅前方向のみで、南富山駅前方向は設置されない。環状線の電停が西町に無く、乗り継ぎはグランドプラザ前と西町となり、距離があり不便であったことから電停の設置が検討されていたもので、5月17日から使用開始となる。電停名は、廃止された中町電停と同じ場所であることによるもので、環状線と1・2系統南富山駅前方面の乗り継ぎ停留所となるため副名称として「西町北」が付いている。設置費用約5,000万円は、富山市から全額補助を受けている。中町電停の新設により、環状線と1・2系統南富山駅前方面の乗り継ぎは、グランドプラザ前と西町から、中町(西町北)と西町に変更される。

関連リソース