9601~9604 4両

 2007年に登場したアルナ車両製の2車体連接超低床電車。3000形以来11年ぶりの新造車となった。床面の高さは360mmで、室内には段差がない100%超低床電車である。台車は車軸付きで、主電動機は運転台付近の車体に装架している、長崎電鉄3000形と同じ方式である。IGBT-VVVFインバーター制御で、回生ブレーキ付き。B号車にシングルアームパンタグラフを搭載する。行先表示器はLEDが採用されている。定員は62人(うち座席は31人)で、2台分の車いすスペースがある。運転台は2ハンドル。運転台の後ろに液晶ディスプレイが設置されていて、次の電停名や料金が表示される。

 2010年3月に9602、2014年1月に9603、2018年2月に9604が増備されている。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)13,250×2,340×3,700mm
室内床面高さ(出入台以外)360(465)mm
最小通路幅800mm
自重20.0t
定員(座席)62(31)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式IGBT-VVVFインバーター制御
運転台ツーハンドル(力行・ブレーキ独立、左右回転)
駆動方式カルダン
主電動機出力85.0kW×2
台車住友SS-05
設計最高速度
車号冷房製造年月製造所現在車齢(年)
960121,000kcal/h×12006/12アルナ車両現役12
960221,000kcal/h×12010アルナ車両現役8
960321,000kcal/h×12014アルナ車両現役4
960421,000kcal/h×12018アルナ車両現役0

9601 (9601A-9601B)


駒場車庫 2006/12/18

駒場車庫 2007/1/28

駒場車庫 2007/1/28

駒場車庫 2007/2/1

駒場車庫 2007/2/2 試運転

駒場車庫前 2007/2/2 試運転

駒場車庫前 2007/3/20 試乗会

湯の川~湯の川温泉 2007/3/20 営業初日

駒場車庫前 2010/3/21 バス代行

駒場車庫前 2010/3/27

北方領土返還号 駒場車庫前 2012/8/16

北方領土返還号 市民会館前~駒場車庫前 2012/8/16

函館駅前~市役所前 2014/6/30 試運転

杉並町~五稜郭公園前 2017/3/4 ICAS nimoca

谷地頭 2017/3/4 ICAS nimoca

 製作費用は2億370万円。2006年12月18日に搬入されて、2007年2月から営業線での試運転を開始、2007年3月20日から営業運転を開始した。公募により「らっくる号」の愛称が付けられている。
 2008年6月20日から初めて広告が付けられ、函館開港150周年事業のPR電車となっている。
 2010年5月20日~7月20日に、鉄道むすめ「松風かれん」ラッピング電車として運行している。

9602 (9602A-9602B)


駒場車庫 2010/3/21

駒場車庫 2010/3/21

駒場車庫 2010/3/24

深堀町~競馬場前 2010/3/28

堀川町~千代台 2011/1/14

谷地頭 2012/11/24 100周年

新川町~松風町 2013/6/29 100周年

十字街 2013/12/7

駒場車庫前 2014/10/2 北海道新幹線

駒場車庫前 2014/10/2 北海道新幹線

魚市場通~十字街 2015/2/13 北海道新幹線

 2010年3月1日に、駒場車庫に搬入され、3月24日に営業運転を開始した。
 2014年10月1日からは北海道新幹線イメージラッピングになっている。

9603 (9603A-9603B)


駒場車庫 2014/1/24

駒場車庫 2014/1/24

駒場車庫前 2014/1/24

千代台 2014/1/24 初営業

松風町~函館駅前 2014/1/24 初営業

 2013年12月9日に駒場車庫に搬入され、1月24日に営業運転を開始した。

9604 (9604A-9604B)


駒場車庫 2018/1/19

十字街~魚市場通 2018/2/14

 2018年1月15日に駒場車庫に搬入され、2月9日に営業運転を開始した。

関連リソース

  • 外部サイト
  • 書籍
    • 北海道にも超低床電車上陸! 函館市交通局9600形
      『Rail Magazine 2007年4月号 No.283』P.86 ネコ・パブリッシング (Amazonで購入)
    • 純国産初の2連節形LRV登場 函館市交通局9600形
      『鉄道ファン 2007年5月号 No.553』P.90 交友社 (Amazonで購入)
    • 函館市交通局9600形登場
      『鉄道ピクトリアル 2007年5月号 No.789』P.76 電気車研究会 (Amazonで購入)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。