車両


30形
(1)

500形
(2)

710形
(7)

800形
(1)

8000形
(10)

 営業用車が32両、事業用車が5両の計37両が在籍している。

路線

路線名区間路線長軌間単線複線区別軌道電圧現在
本線函館どつく前~函館駅前2.9km1,372mm複線併用軌道600V営業中
函館駅前~五稜郭駅前3.4km1,372mm併用軌道600V廃止
湯川線松風町まつかぜちょう~湯の川6.1km1,372mm複線併用軌道600V営業中
宝来・谷地頭線十字街~谷地頭やちがしら1.4km1,372mm複線併用軌道600V営業中
大森線函館駅前~松風町0.5km1,372mm複線併用軌道600V営業中
東雲線宝来町~松風町1.6km1,372mm複線併用軌道600V廃止
宮前線ガス会社前~五稜郭公園前1.8km1,372mm複線併用軌道600V廃止

 計4路線、10.9km。最急勾配は、青柳町~谷地頭の58.3パーミル。最急カーブは、十字街の半径24.7m。架線は直接吊架式。変電所は東雲町と駒場車庫内にある。

運転

系統区間距離所要時間運賃運転間隔(朝ラッシュ)運転間隔(日中)
2系統湯の川~谷地頭9.2km44分250円12分
5系統湯の川~函館どつく前9.5km44分250円12分

 2系統と5系統は、交互に運転しているため、湯の川~十字街は、6分間隔で電車が来る。
 乗車方法は、後乗り・前降りで、乗車時に整理券を取り、降車時に整理券を運賃箱に入れると運賃が表示されるので、その金額を支払う。箱館ハイカラ號は、前乗り・後降りで、車掌に乗車区間を告げて乗車券を購入する。

歴史

 1895(明治28)年2月25日に運輸業を目的として馬車鉄道の敷設を開始。1896年5月18日に亀函馬車鉄道(株)を設立し、1897(明治30)年4月1日に免許を受け、12月12日に東川(後の東雲町)~弁天町(現、函館どつく前)を軌間1,372mmで運行開始した。軌間を1,372mmにしたのは、東京馬車鉄道の技術指導を受けたためのようである。
 1898年8月に函館馬車鉄道(株)と社名変更、12月12日に湯の川温泉利用者の輸送を目的として東雲町~湯の川温泉を開業した。

 1911年11月、電車運転を計画していた函館水電(株)(現、北海道電力)に買収される。電気運輸業の認可を受け、動力変更と施設改良工事をし、1913(大正2)年6月29日に湯川線東雲町~湯の川温泉を電化した。10月31日に、弁天町~東雲町も電化され、全線で電車による運転になった。翌1914年5月10日に宝来町~谷地頭を開業した。その後、大森線の開通で現在の路線の基礎が出来上がる。
 1934(昭和9)年7月帝国電力(株)に社名変更、1940年7月に大日本電力(株)と合併する。戦時中の政府による電気統制を受けて、1942年 10月1日付で道南電気(株)へ譲渡され、11月には道南電気軌道(株)に社名変更する。そして、1943年11月1日に函館市に譲渡され、函館市役所交通局となった。それまでの間に1926、1934年の二度の火災で車庫や車輌を焼失し、その度毎に東京市電氣局(現、東京都交通局)より車両の補充や車体の新製を行い復旧に努めている。
 1950年9月にガス会社前~宮前町、1951年7月に宮前町~五稜郭公園前を開業し、1952年10月1日には函館市交通局に改称された。1954年 11月にガス会社前~五稜郭鉄道工場前、1955年11月に五稜郭鉄道工場前~五稜郭駅前、1959年9月に湯の川温泉~湯の川と次々と開業していった。 1964(昭和39)年に、路線長17.7km、12系統、1日約13万5,000人の人員を輸送し、ピークを迎えた。その後、モータリゼーションにより輸送人員を落としていく。

 1960年頃にそれまでの3人乗務から2人乗務に変わり、1971年8月にはワンマン化を行った。1973年10 月1日に営業時間短縮に伴い車庫の閉鎖や車両の減車が行われた。1974年には、交通事業財政再建団体の指定を受けてしまい、1978年10月31日限りでガス会社前~五稜郭駅前を廃止した。財政再建終了の1988年以降は、市長が函館市交通事業経営審議会に「本市の交通事業のあり方」を諮問した。審議会の答申を基に、「函館市交通事業健全化対策調査特別委員会」が設置される。また、「函館市の交通事業を考える市民懇談会」も設置され、検討の結果、 1991(平成3)年11月に函館市交通事業健全化計画が策定された。公営で電車を維持・存続して、健全化を進め、2001年中までに自立経営ができるようにする計画である。


東雲線お別れ花電車

 健全化計画により、1992年3月31日限りで東雲線(宝来町~松風町)を廃止し、1系統駒場車庫前~栄町~末広町の運転が無くなった。10月1日からプリペイドカードのイカすカードを導入し、対キロ区間制の運賃に変更された。さらに、1993年3月31日限りで本線函館駅前~ガス会社前、宮前線ガス会社前~五稜郭公園前が廃止され、3系統が無くなった。


箱館ハイカラ號

 1993年は、ガス会社回りが廃止される一方、前年が函館市の市制施行70周年で、これを記念して箱館ハイカラ號が復元されて運転開始。また、27年ぶりの新型車2000形、3000形が登場するなど、暗い話題が続く中での久々の明るい話題が続いた。


8100形

 2001年には、北海道遺産の認定を受けた。また、車体更新による部分低床車の導入が発表され、2002年3月から順次増備されることになった。そして、第1号車となる8101が2002年3月26日に駒場車庫に搬入され、4月22日から営業運転を開始した。これ以降、電停の改良が順次進められた。8100形は車内の段差が嫌われたためか、その後の増備は見送られている。


9600形

 2006年度には、超低床電車が導入されることとなった。アルナ車両製の2車体連接の超低床電車で、12月18日に駒場車庫に搬入され、2007年3月20日から営業運転を開始した。

 2011年は、3月28日に杉並町電停が改修されて、上屋・スロープ付きになった。4月1日に函館市公営企業の設置等に関する条例の改正により、函館市交通局から函館市企業局交通部に組織改編した。
 2012年3月23日から全車両でWi-Fiが利用できるようになった。

 消費税増税に伴い、2014年5月1日に運賃改定を行った。普通運賃の2kmまでと、4kmまでの区間を10円値上げし、その他の運賃は据え置かれている。


100周年記念イベント

 2013年6月29日に路面電車開業100周年を迎えて、記念イベントが開催された。
 2014年11月26日に函館駅前電停を改修し、函館市中心市街地トータルデザインのものになった。
 2015年11月16日に五稜郭公園前電停を改築し、函館市中心市街地トータルデザインのものになった。
 2016年は、3月1日に市民会館前の電停名を函館アリーナ前に変更し、電停の長さを延伸した。8月15日~10月31日に市電ロケーションシステムが試行された。11月15日に中央病院前電停を改築して、上屋・スロープ付きになり、バリアフリー化された。
 2017年3月25日にICカード「ICAS nimoca」を導入した。

将来

 均一料金制度導入の可能性を検討していく。電車優先信号設置を関係機関と協議していく。
 ロケーションシステムを導入する予定。
 電停の改良を進めていく予定。
 超低床電車を2021年度と2025年度に導入する予定。
 2017(平成29)年度~2026(平成38)年度に17両の車体改良を行う予定。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。