地鉄デ9000形

デ9001~デ9003 3編成3両

 2009年に登場した新潟トランシス製の2車体連接の超低床電車で、富山市が購入・所有し、富山地方鉄道が運行している。将来の富山ライトレールへの乗り入れを考慮して、基本設計は富山ライトレール0600形と同じで、塗色とインテリアデザインが異なっている。

 塗色は、富山ライトレール0600形の7色の有彩色に対して3色の無彩色が採用されている。都市的でモダンな印象を持ち、都市風景に調和する3色で、富山らしさである「自然・風土」、「未来」、「歴史・伝統」を表現するため、高貴で清楚なイメージの「ホワイト」、先進性、モダンイメージの「シルバー」、品格があり重圧なイメージの「ブラック」としている。

 1車体に1台車で、台車はボンバルディア製の独立車輪を採用している。主電動機はドイツのAEG製を車端部の座席下に搭載しており、車輪へはシャフトなどを介して動力が伝達される。集電装置はボンバルディア製のシングルアームパンタグラフをA車に、制御装置は三菱製のIGBT-VVVFインバーターをA車に、補助電源装置はIGBT-SIVをB車に、クーラーは三菱製をA・B車に1台ずつ搭載している。

 運転台には、右側にワンハンドルのマスコンがある。後方確認はミラーではなく、車端上部に取り付けられたカメラからの映像を運転台のモニターに表示して行う。

 床面高さは出入り口が300mm、その他が360mmとなっている。座席は2人がけと1人がけで、運転台の後部には、運行系統の案内を行う液晶モニターと、既存のデ8000形と同様にジーコスシステムが設置されている。

 愛称は公募で決められ、中心・中央(CENTER)、円(EN)、路面電車(TRAM)を組み合わせ、中心市街地を円を描いて走る電車であることを表す「CENTRAM(セントラム)」と名付けられた。

 富山都心線の開業に合わせて3編成が製造され、富山都心線開業の2009年12月23日から営業運転を開始した。基本的に、3系統(環状線)専用となっている。

 2020年3月21日の南北接続開業からは、3系統(環状線)専用ではなくなり、全系統に充当されるようになった。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)18,400×2,470×3,745mm
床面高さ(出入台以外)300(360)mm
最小通路幅635mm
自重25.0t
定員(座席)80(28)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式IGBT-VVVFインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力100kW×2
台車(独立車輪)
設計最高速度70km/h
車号冷房製造年月製造所現在車齢(年)
デ900114,500kcal/h×22009/11新潟トランシス現役12
デ900214,500kcal/h×22009/11新潟トランシス現役12
デ900314,500kcal/h×22009/11新潟トランシス現役12

デ9001

 ホワイトの塗色となっている。

塗色の変遷

CENTRAM DEBUT

2009/12/23・24


丸の内~国際会議場前 2009/12/24

丸の内~国際会議場前 2009/12/24

国際会議場前~大手モール 2009/12/24

Cyclocityの広告

2010/4/11

ホワイト

2010/7/16


富山駅前 2010/7/16

オータムバージョン

2010/10/8

Thanks 1st Anniversary

2011/1/10


富山駅前 2011/1/10

桜のデザイン

2011/5/3


グランドプラザ前~荒町 2011/5/3

グランドプラザ前~荒町 2011/5/3

富山市内軌道線開業100周年

2013/8/9~9/13


富山駅前~新富町 2013/8/24

富山駅前~新富町 2013/8/24

富山駅前~地鉄ビル前 2013/8/24

ホワイト

2014/3/28


富山駅前~新富町 2014/3/28

富山はじまる。のラッピング

2015/2/14~、2015/3/13


富山駅~新富町 2015/3/13

TGC TOYAMA 2018ラッピング電車

2018/5/30~7/21


電鉄富山駅・エスタ前~富山駅 2018/6/24

富山駅~新富町 2018/6/24

世界で最も美しい湾クラブ 世界総会in富山の広告

2019/7/27


電鉄富山駅・エスタ前~富山駅 2019/7/27

海洋汚染ゴミ対策のラッピング

2019/8/20~9/10

富山 つながる、ひろがる。のラッピング

2020/2/8、2020/3/21


富山駅~新富町 2020/3/21

デ9002

 シルバーの塗色となっている。

塗色の変遷

CENTRAM DEBUT

2009/12/23・24


富山駅前 2009/12/22 試運転

南富山車両区 2009/12/23

国際会議場前~大手モール 2009/12/23

シルバー

2010/4/13

スポレクとやま2010の広告

2010/7/16

Thanks 1st Anniversary

2011/1/10


グランドプラザ前~荒町 2011/1/10

富山はじまる。のラッピング

2015/2/14~、2015/3/12


富山駅前~新富町 2015/3/12 富山はじまる。

シルバー

2016/4/29


大手モール 2016/4/29

富山ガラス美術館 リノ・タリアピエトラ ライフ・イン・グラスの広告

2019/10/18、2019/11/23


富山駅~新富町 2019/10/18

富山 つながる、ひろがる。のラッピング

2020/3/21


インテック本社前~富山駅 2020/3/21

シルバー

2022/6/27

蓮町(馬場記念公園前)~犬島新町 2022/6/27

デ9003

 ブラックの塗色となっている。

 2013年3月29日~4月7日は、チンドンコンクールのラッピングになった

塗色の変遷

CENTRAM DEBUT

2009/12/23


国際会議場前~大手モール 2009/12/23

国際会議場前~大手モール 2009/12/23 発車式

大手モール~グランドプラザ前 2009/12/23

桜のデザイン

2010/4/11~13


桜橋~電気ビル前 2010/4/11

ブラック

2010/7/16

Thanks 1st Anniversary

2011/1/10


南富山車両区 2011/1/10

児童虐待防止 オレンジリボン運動のラッピング

2011/11/24


地鉄ビル前~富山駅前 2011/11/24

第59回全日本チンドンコンクールのラッピング

2013/3/29~4/7


地鉄ビル前~富山駅前 2013/4/7

グランドプラザ前~荒町 2013/4/7

WINTER TOYAMAのラッピング

2013/12/13~2014/1/13

第60回全日本チンドンコンクールのラッピング

2014/3/28


富山駅前 2014/3/28

丸の内~国際会議場前 2014/3/28

エコリンクのラッピング

2014/12/6~2015/1/12

ブラック

2015/3/12


富山駅前~富山駅 2015/3/12 試運転

富山駅~富山駅前 2015/3/12 試運転

富山はじまる。のラッピング

2015/3/13~


富山駅前~新富町 2015/3/13

電鉄富山駅・エスタ前~富山駅 2015/3/14

富山駅 2015/3/14

G7富山環境大臣会合2016のラッピング

2016/4/16~5/16


富山駅~新富町 2016/4/29

TGC TOYAMA 2019ラッピング電車

2019/6/15~7/27


電鉄富山駅・エスタ前~富山駅 2019/7/27

富山駅~新富町 2019/7/27

世界で最も美しい湾クラブのラッピング

2019/9/24~10/20


南富山車両区 2019/10/18

南富山車両区 2019/10/18

富山 つながる、ひろがる。のラッピング

2020/4/6


電鉄富山駅・エスタ前~富山駅 2020/4/6

奥田中学校前 2020/4/6

関連リソース

  • 書籍
    • 鉄道ピクトリアル 鉄道車両年鑑2010年版 2010年10月臨時増刊号 No.840 鉄道図書刊行会
      P.166『富山地方鉄道デ9000形』
      3ページの解説と写真、形式図