阪堺1001形

1001~1003 3編成3両

 2013年に登場した3車体連接の超低床電車。豊橋鉄道T1000形と同じアルナ車両のリトルダンサーUaタイプ。古墳・阪堺線のイメージカラーの緑をモチーフに、千利休・わびをイメージした白茶のツートンに、アクセントカラーとしてシャンパンメタリックを使用し、前面には「堺刃物」をイメージした黒のラインが入っている。車内は木材も使われ、ブラインドは竹のすだれ、化粧板は木目と和紙柄で、シートは「堺更紗」をモチーフにした柄となっている。照明には電球色ダウンライトが採用されている。液晶ディスプレイが設置され、運賃や停留場の案内表示を行う他、堺の観光案内も行われる。「堺トラム」の愛称が付けられている。

 増備車は、イメージカラーが異なり、1002は紫色、1003は青色となっている。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)16,300×2,400×3,750mm
床面高さ(出入台以外)350(480)mm
最小通路幅880mm
自重23.0t
定員(座席)76(27)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式IGBT-VVVFインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力85kW×2
台車
設計最高速度
車号冷房製造年月製造所現在車齢(年)
100112,500kcal/h(14.5kW)×22013アルナ車両現役8
100212,500kcal/h(14.5kW)×22014アルナ車両現役7
100312,500kcal/h(14.5kW)×22015アルナ車両現役6

1001


大和川車両区 2013/4/25

浜寺駅前 2013/8/25 堺トラム8/25 DEBUT!!

宿院~寺地町 2013/8/25 堺トラム8/25 DEBUT!!

浜寺駅前 2013/8/25 堺トラム8/25 DEBUT!!

浜寺駅前 2013/8/25

浜寺駅前 2013/8/25

浜寺駅前 2013/8/25

浜寺駅前 2013/8/25

大小路~花田口 2013/8/25

 イメージカラーは緑色で、「茶ちゃ」の呼称が付けられている。2013年8月25日に営業運転を開始した

1002


阿倍野~松虫 2014/5/4 堺トラム 紫おん

松虫 2014/5/4 堺トラム 紫おん

 イメージカラーは紫色で、「紫おん」の呼称が付けられている。2014年3月1日に営業運転を開始した

1003


神明町~綾ノ町 2015/5/4

住吉鳥居前 2015/5/4

 イメージカラーは青色で、「青らん」の呼称が付けられている。2015年3月1日に営業運転を開始した

関連リソース