阪堺1101形

1101 1編成1両

 2020年に登場した3車体連接の超低床電車で、アルナ車両のリトルダンサーUaタイプ。阪堺電気軌道の創業120周年に合わせて新製された。1001形をベースとしているが、ブレーキシステムと塗色は変更され、白をベースに、南海グループのコーポレートシンボルであるファインレッドとブライトオレンジを窓の上下に配した塗色となっている。車内は、1001形の座席配置をベースに、インテリアの色数を「モノトーン+α」に抑えている。室内灯はダウンライトタイプの白色LEDを採用している。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)16,300×2,400×3,750mm
床面高さ(出入台以外)350mm
最小通路幅880mm
自重23.0t
定員(座席)76(27)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式VVVFインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力85kW×2
台車SS11(車軸あり)
設計最高速度50km/h(最高運転速度)
車号冷房製造年月製造所現在車齢(年)
110114.5kW×22020/2アルナ車両現役1

1101

 2020年3月28日に営業運転を開始した

塗色の変遷

1101形色

2020/3/28~、2020/9/14、2020/11/22

住吉~住吉鳥居前 2020/11/22

関連リソース

  • 書籍
    • 1001形「堺トラム」ベースの新形式車両が登場!
      阪堺電気軌道1101形
      『鉄道ファン 2020年6月号 No.710』P.58 交友社