長崎電鉄1800形

1801~1803 3両

 2000年12月に登場した。台車、主電動機は西鉄北九州線600形から転用しているが、車体などその他は新製されている。車体デザインは2000形を踏襲した1700形までのデザインから変更し、車体もひと回り大きくなっている。入口は両開きの2枚折戸となり、幅が拡大している。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)12,140×2,300×3,740mm
自重15.8t
定員(座席)55(28)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式間接抵抗制御
運転台ワンハンドル
駆動方式吊り掛け
主電動機出力45.0kW×2
台車FS-51(車軸あり)
設計最高速度
車号冷房製造年月製造所現在車齢(年)
180121,000kcal/h×12000/12アルナ工機現役20
180221,000kcal/h×12000/12アルナ工機現役20
180321,000kcal/h×12002/1アルナ工機現役19

1801

塗色の変遷

十八銀行の広告

2009/2、2009/8/26

五島町~長崎駅前 2009/8/26

1800形色

2011/3/10、2020/8/24

築町~西浜町 2011/3/10

1802

塗色の変遷

長崎ケーブルメディアの広告

2005/10/25

浦上車庫前 2005/10/25

1800形色

2011/3/10、2019/5/4、2019/10/14

築町~西浜町 2011/3/10

富士生命の広告

2020/3/24、2020/8/24

西浜町~新地中華街 2020/3/24

1800形色

1803

塗色の変遷

GEORGIAの広告

2005/10/25

五島町~長崎駅前 2005/10/25

1800形色

2018/3/3、2019/5/4、2020/3/24、2020/8/242021/1/92021/6

公会堂前 2018/3/3

関連リソース

  • 書籍
    • 長崎電気軌道1800形
      『鉄道ピクトリアル 2001年10月臨時増刊号 No.708』P.143 鉄道図書刊行会