0608 1編成1両

 2019年に登場した新潟トランシス製の2車体連接の超低床電車。地鉄との南北接続後の運用増に備えたもので、セントラムのデザインを組み合わせている。 0600形からの変更点としては、主電動機がボンバルディア製から東洋電機製に変更、ブレーキ方式の変更、出入台に足下灯の追加、停車ボタンの形の変更、前照灯・室内灯がLED化されている。銀色の部分は、ミラーフィルムとなっている

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)18,400×2,400×3,407mm
床面高さ(出入台以外)300(360)mm
最小通路幅635mm
自重25.0t
定員(座席)80(28)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式IGBTインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力100kW×2
台車NF-TOYAMA(独立車輪)
設計最高速度70km/h
車号冷房製造年製造所現在車齢(年)
0608あり2019新潟トランシス現役0

0608 (0608A-0608B)


インテック本社前~富山駅北 2019/4/29

インテック本社前~富山駅北 2019/7/27

関連リソース

  • 書籍
    • 富山駅を挟んだ路面電車の南北接続に備えた新形式車両
      富山ライトレール0600E形
      『鉄道ファン 2019年6月号 No.698』P.52 交友社

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。