東横線の混雑緩和のため、目蒲線の目黒側は東横線方面に運行されることになった。そのため、2000年8月6日に多摩川を境に運転系統が分断され、目蒲線の蒲田側は多摩川~蒲田の折り返し運転となり、路線名が東急多摩川線になった。
 終日ワンマン運転を行っており、池上線と同様に、各駅のホームに柵とセンサーが設置されている。

多摩川

沼部

鵜の木

下丸子

武蔵新田

矢口渡

蒲田

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。