モハ5001、モハ5002 2両

 2017年に登場したアルナ車両製の部分低床電車。モハ2100形と同様の単車であるが、車体が500mm長くなって、前面が流線形になった。車体幅が70mm拡幅され、通路幅も240mm広がっている。これにより、定員が13人増えて60人に、座席も6人増えて26人となった。車内にデジタルサイネージを導入して中吊り広告を廃止、照明装置はLEDを採用し、車内アナウンスや行先表示に英語を追加、側扉はプラグドアとなった。導入費用は2両で4億円。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)12,500×2,300×3,800mm
床面高さ(出入台以外)350(350、800)mm
最小通路幅1,220mm
自重18.5t
定員(座席)60(26)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式VVVFインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力
台車FS-95A(車軸あり)
設計最高速度
車号冷房製造年製造所現在車齢(年)
モハ500124.5kW(21,000kcal/h)2017アルナ車両現役1
モハ500224.5kW(21,000kcal/h)2017アルナ車両現役1

モハ5001

 2017年9月21日に営業運転を開始した。

モハ5002

関連リソース

  • 書籍
    • 「2017年9月21日にデビューした市内線用LRV 伊予鉄道5000形」P.68
      『鉄道ファン 2017年12月号 No.680』交友社

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。