モハ2101~モハ2110 10両

 2002(平成14)年に登場した部分低床電車。「サービス向上宣言」施策の一環で導入した。台車間の客室は床面高さが350mmの超低床となっていて、入口から出口までフラットである。運転台後ろの台車上にある座席の部分だけ、床面高さが800mmの高床となっている。ドアには補助スロープが取り付けられている。座席の一部は跳ね上げ式の座席となっていて、座席を折りたたむと車いすスペースとなる。運転台の後ろに、液晶モニターの車内案内表示装置を設置している。側面のガラスは、UVカットガラスを採用している。低床化のため床下に配置できなくなった制御装置、抵抗器、補助電源装置は屋上に配置している。国産の路面電車では初採用である回生・発電ブレンディングブレーキ付きIGBT-VVVFインバーター制御で、主電動機出力は、将来性を考慮して既存車の50kWから60kWに強化している。デッドマン装置付き右手操作のワンハンドルマスコンを採用している。塗色は、モハ50形などとは異なり、オレンジと白を基調に、窓周りを黒としている。


車内

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)12,000×2,230×3,490mm
床面高さ(出入台以外)350mm
最小通路幅980mm
自重20.0t
定員(座席)47(20)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式IGBT-VVVFインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力60.0kW×2
台車FS-95(車軸あり)
設計最高速度
車号冷房製造年月製造所現在車齢(年)
モハ210121,000kcal×12002/3アルナ工機現役16
モハ210221,000kcal×12002/3アルナ工機現役16
モハ210321,000kcal×12003/3アルナ車両現役15
モハ210421,000kcal×12003/3アルナ車両現役15
モハ210521,000kcal×12004/3アルナ車両現役14
モハ210621,000kcal×12004/3アルナ車両現役14
モハ210721,000kcal×12005/3アルナ車両現役13
モハ210821,000kcal×12005/3アルナ車両現役13
モハ210921,000kcal×12006/3アルナ車両現役12
モハ211021,000kcal×12007/3アルナ車両現役11

モハ2101


古町車庫 2004/10/24

道後温泉 2010/7/12

モハ2102


大街道 2004/10/24 いきいき交通まちづくり宣言

モハ2103


大街道 2004/10/24

赤十字病院前 2004/10/24

大手町~西堀端 2004/10/24

モハ2104


松山市駅前 2004/10/24

清水町~鉄砲町 2004/10/24

鉄砲町 2004/10/24

鉄砲町~赤十字病院前 2004/10/24

モハ2105


赤十字病院前~平和通一丁目 2004/10/24

大手町 2004/10/24

モハ2106


大街道 2004/10/24

市役所前~南堀端 2004/10/24

道後温泉 2004/10/24

モハ2107


萱町6丁目~古町 2006/9/7

モハ2108


大手町駅前~松山駅前 2010/7/12

モハ2109


道後温泉 2010/7/12

モハ2110


道後温泉 2010/7/12

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。