0両 現役車なし

 元名古屋市交通局1200形で、4両を1963(昭和38)年に譲受した。狭軌初の半鋼製低床ボギー車である。当初はモハ700形で、1964年にモ700形に変更、1968年にモ3700形に変更された。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)12,432×2,206×3,190mm
自重17.0t
定員(座席)100(28)人
集電装置Zパンタ
制御方式直接抵抗制御
運転台ツーハンドル(力行・ブレーキ独立、左右回転)
駆動方式吊り掛け
主電動機出力33.6kW×2
台車ブリル39-E(車軸あり)
設計最高速度
車号冷房製造年製造所現在車齢(年)前歴
モ3701なし東洋車輌1971年廃車解体名古屋市交通局1200形
モ3702なし1927日本車輌製造2007年廃車。ココニコで保存80名古屋市交通局1204
モ3703なし東洋車輌1971年廃車解体名古屋市交通局1200形
モ3704なし東洋車輌1977年廃車解体名古屋市交通局1200形

モ3701

 1971年に廃車された。

モ3702


駅前~駅前大通 2007/3/18 モ3702 引退記念

前畑~東田坂上 2007/3/25 最終営業運転

赤岩口車庫 2007/3/25

ココニコ 2008/9/27

 引退する前の数年は、休日の10:00~14:30に運行されていた。1993年に鉄道友の会のエバーグリーン賞を受賞した。1996年10月にレトロ化改造を行った。
 2007年3月25日の運行を最後に引退した。引退後は豊橋市松葉町三丁目のココニコで保存されている。

モ3703

 1971年に廃車された。

モ3704

 柳生橋支線用にワンマン改造されたが、柳生橋支線の廃止後に廃車された。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。