3001~3003 3編成3両

 2003年に登場した(営業開始は2004年)長崎電気軌道では初となる超低床電車。連接車としても長崎では初となる。3車体連接車であるが、1両として扱う。アルナ車両製で、リトルダンサータイプU。車体に架装したモーターと、ボギーしない台車の直角カルダン駆動装置を自在継手で繋いで駆動することで、車軸がある台車でも、台車部分を超低床化して、国産初の100%超低床車となった。電動ばねブレーキを採用することでエアレスとしている。鉄道友の会のローレル賞、グッドデザイン賞を受賞している。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)15,100×2,300×3,740mm
床面高さ(出入台以外)350(380)mm
最小通路幅800mm
自重22.0t
定員(座席)63(28)人
集電装置シングルアームパンタ
制御方式IGBT-VVVFインバーター制御
運転台ワンハンドル
駆動方式カルダン
主電動機出力85.0kw×2
台車SS03(車軸あり)
設計最高速度
車号冷房製造年製造所現在車齢(年)
300112,500kcal/h×22003/12アルナ車両現役16
300212,500kcal/h×22005/1アルナ車両現役15
300312,500kcal/h×22006/1アルナ車両現役14

3001 (3001A-3001C-3001B)

塗色の変遷

3000形色

2004/3/14、2005/10/25、2009/8/26


諏訪神社前~公会堂前 2004/3/14 超低床式電車3月1日デビュー

浦上車庫 2005/10/25

長崎駅前~桜町 2009/8/26

菱塩の広告

2015/8/11


浦上車庫前 2015/8/11

神秘の健康力の広告

2019/10/14、2019/10/24

V・ファーレン長崎号

2020/2/16~、2020/3/23


諏訪神社~市民会館 2020/3/23

3002 (3002A-3002C-3002B)

塗色の変遷

3000形色

2011/3/10


松山町~浜口町 2011/3/10

西部ガスの広告

2015/8/11


築町~市民病院前 2015/8/11

3000形色

3003 (3003A-3003C-3003B)

塗色の変遷

3000形色

2011/3/10


浜口町 2011/3/10

神秘の健康力の広告

2015/11/15、2019/10/24


千歳町~若葉町 2015/11/15

CURRENTの広告

2020/3/24、2020/4/21

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


The maximum upload file size: 1 MB.
You can upload: image.

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。