0両 現役車なし

 1997~1999年度の鉄道軌道近代化設備整備事業として、1997年に登場した両運転台の車両。元名古屋市交通局(地下鉄)の1000系で、種車は片運転台のため、2両使用して両運転台化、中間扉は埋められて固定窓化して2扉化している。台車、電動機、クーラー、パンタグラフなどは、豊橋鉄道(渥美線)1900系のものを使用している。塗色は公募のデザインを採用している。

諸元表

最大寸法(長さ×幅×高さ)15,580×2,764×4,100mm
自重30.3t
定員(座席)92(40)人
集電装置パンタグラフ
制御方式直並列抵抗制御
運転台
駆動方式
主電動機出力80.0kW×4
台車DT21(車軸あり)
設計最高速度
車号製造年製造所改造年月改造所現在車齢(年)更新後車齢(年)前歴
モハ6011997/12名鉄住商工業2012年12月20日廃車15名古屋市交通局1111、1112
モハ6021974日本車輌製造1998/11名鉄住商工業2019年廃車4520名古屋市交通局1201、1202

モハ601

 名古屋市交通局1111に1112の運転台部分を接合して両運転台化、2扉化している。161の代替として1997年12月26日から営業運転を開始した。
 F1001の増備に伴い、2012年12月20日に廃車された。

塗色の変遷

モハ600形色

1997/12/26~、2006/9/11


西武生車両工場 2006/9/11

モハ602

 名古屋市交通局1201に1202の運転台部分を接合して両運転台化、2扉化している。モハ142-1-モハ142-2の代替として導入された。
 2019年に廃車された。

塗色の変遷

モハ600形色

1998/11~、2006/9/11

急行色

2010/12~、2011/1/10、2018/10/17


北府車庫 2011/1/10 居酒屋電車

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※ 1 MBまでの画像ファイル(jpg、gif、png)を添付できます。撮影場所、日付の記載をお願いします。
※ 添付ファイルは、KTT内で使用させていただく場合があります。

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。