M101 1両

 最盛期の混雑対策として連結運転が計画された。ラッシュ時のみの限定運用なら、増結車はT車でよいが、当時の札幌市電には1M1Tでは登れない勾配があったため、T車にもモーターを取り付けることとし、1編成製造された。このM車の方が、M100形で1961年に製造された。両開扉が特徴。
 T車は、Tc1形が製造されたが、すでに廃車されている(交通資料館に保存)。

M101


中央図書館前~電車事業所前 2007/9/25

ロープウェイ入口~西線16条 2013/7/2

ロープウェイ入口~西線16条 2013/7/2

中央図書館前~電車事業所前 2015/12/18

西4丁目~狸小路 2015/12/19

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。