国鉄から引き継いだ交直流特急電車。中間車の先頭車化改造や前面貫通扉の廃止など、車体のバラエティが豊富である。また、JRになってから、RED EXPRESSなどの塗装変更が行われ、国鉄時代から印象が大きく変わっている。

 783系が登場するまでは、485系のみであったが、787系、883系、885系の登場とともに次第に活躍の場が狭められていった。2000年3月のダイヤ改正からは、特急運用は日豊本線系統のみとなり、にちりん、ひゅうが、きりしまで活躍している。2001年3月のダイヤ改正では、にちりんが小倉発となり、特急運用では博多に顔を出さなくなった。

 2011年3月のダイヤ改正で、定期運用から引退した。

RED EXPRESS


かもめ号
二日市
1995/7/24

博多
1995/9/3

かもめ号
博多
1996/2/25

宮崎空港
1997/3/3

KAMOME EXPRESS


かもめ号
水城~都府楼南
1995/3

MIDORI EXPRESS


みどり号
博多
1993/8/26

HUIS TEN BOSCH


ハウステンボス号
ハウステンボス
1995/7/24

ハウステンボス号
博多
1996/2/21

KIRISHIMA EXPRESS


きりしま1号
宮崎
1996/2/25

KIRISHIMA & HYUGA


宮崎 2002/1/13

にちりん16号 牧~大分 2011/3/11

南宮崎
2002/1/12

国鉄色


きりしま3号 西鹿児島 2002/1/13

きりしま5号 2011/3/11 宮崎~南宮崎

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。