東急は、大井町線の有料座席指定サービスの愛称を「Q SEAT」に決定し、12月14日にサービスを開始する。6020系の3号車をロングシートとクロスシートを転換できる車両に置き換え、3号車の45席(うち9席はロングシート)を座席指定可能とする。対象の列車は、平日夜の大井町発急行長津田行きの5本で、ダイヤは以下のとおり。

長津田 たまプラーザ 溝の口 二子玉川 自由が丘 旗の台 大井町
131-191レ 2011 2000 1952 1949 1942 1935 1930
132-201レ 2113 2102 2051 2047 2041 2034 2030
131-211レ 2204 2153 2144 2139 2131 2124 2120
132-221レ 2307 2255 2247 2244 2238 2231 2227
131-231レ 2348 2336 2328 2325 2320 2314 2309

 有料座席指定サービスを実施の列車では、たまプラーザまでは有料座席指定サービス区間となり、3号車に乗車するには列車指定券が必要で、自由が丘までは乗降可能、二子玉川~鷺沼は降車のみ、たまプラーザからは列車指定券が不要で乗降可能となる。列車指定券は400円で、当日にQシートチケットレスサービスのサイト(12月上旬にオープンする予定)、大井町・旗の台(東口のみ)・大岡山・自由が丘の駅窓口にて発売する。車内では列車指定券を発売しない。乗車時に、係員が列車指定券、もしくはスマートフォンなどに表示した「Qシートチケットレスサービス」の所定画面を確認する。

 Q SEATサービスの愛称は、事前に募集した応募の中から、東急・品質(Quality)・迅速(Quick)の「Q」に、座席を表す「SEAT」を加えた「Q SEAT」が選定されている。

 Q SEATとなる3号車は、車体側面の全面がオレンジ色で、Q SEATのラッピングが行われる。車内は、電源コンセントとカップホルダーを設置し、Wi-Fiサービスが無料で利用できる。

 なお、Q SEATを組み込んだ6020系は、3号車をロングシートの状態で11月中旬に営業運転を開始する予定。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。