東急池上線旗の台駅は、木になるリニューアルを行うことになった。戸越銀座駅と同様に木造駅の雰囲気を受け継ぎ、ホーム屋根を多摩産材で建て替える。待合室の改修も行う。2017年11月に着工し、2019年春に竣工の予定。
 リニューアルは、「平成29年度東京都森林・林業再生基盤づくり交付金事業」の補助を受けている。今後、駅舎の改修も予定している。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。