JR九州のD&S列車の11本目として、「かわせみ やませみ」が登場した。キハ47形を改造した2両編成で、3月4日のダイヤ改正で新設された熊本~人吉を運行する特急「かわせみ やませみ」に充当される。水戸岡鋭治氏によるデザイン。「球磨地方の森」をコンセプトとし、床や天井に杉、シートやテーブルに球磨産の檜、のれんにイ草を使用している。

 1号車は人吉寄りのキハ47-8087で、車体はメタリックブルー、愛称は「かわせみ」。座席は、リクライニングシートが6列の他に、カウンター席、テーブル席、ソファ席、こども椅子がある。運転台側に荷物置き場、連結側にカウンター、展望コーナー、トイレが設けられている。運転台側のデッキは撤去されている。

 2号車は熊本寄りのキハ47-9051で、車体はメタリックグリーン、愛称は「やませみ」。座席は、リクライニングシートが4列の他に、カウンター席、テーブル席、ソファ席、やませみベンチシートがある。運転台側に荷物置き場、連結側にビュッフェ、ショーケースが設けられている。連結側のデッキは撤去されている。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。