東急は、2018年春に田園都市線用の新形式2020系を導入する。
 2020年の東京オリンピック、2022年の東急創業100周年に向けて、田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に2020系と命名された。まず2018年春に10連3編成30両が登場し、以降も順次増備する予定。

 東急沿線の商業施設などのデザインを手掛ける丹青社がデザインを監修する。コンセプトカラー「INCUBATION WHITE」(美しい時代へ孵化していく色)を使用、前面はまるみを帯びたやわらかみのある顔をイメージ、インテリアは沿線の風景をイメージし、親しみやすさと心地良さを感じられるデザインとなっている。
 車内には、東急初となる空気清浄機を設置、冷房・暖房機能を向上、全車両にフリースペースを設置、防犯カメラを設置、デジタルサイネージを連結部と座席上にも配置し、ニュースなども提供する。座席はハイバック仕様で、荷棚の高さを低くし、荷物の積み下ろしをしやすい形状に変更する。
 低騒音型の主電動機、駆動装置を採用し、8500系の車外騒音と比較して約10dB低減させる。次世代半導体素子を用いた制御装置による主電動機の高効率駆動や、前照灯・尾灯・車内照明にLEDを採用することで、8500系と比較して約50%の電力消費とする。機器の状態監視が常時可能な大容量情報管理装置を搭載する。踏面ブレーキとディスクブレーキの併用によりブレーキ性能を向上させる。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。