京阪電気鉄道は、大津線の全車両の塗色を2017年度から順次現在の京阪線一般色に変更する。今までの一般色は、上部が若草色(ライト・グリーン)、下部が青緑色(ダーク・グリーン)で、変更後は上部が濃緑色(レスト・グリーン)、帯線が黄緑色(フレッシュ・グリーン)、下部が白色(アトモス・ホワイト)となる。1編成目(700形)は6月に登場し、2021年3月に全車両の塗色変更が完了する予定。

 京津線と石山坂本線の塗色が同じになることから、合わせて京津線、石山坂本線の路線識別マークを新設し、行先表示器と並べて表示する。路線識別マークのデザインコンセプトは、京津線は山を越えて東西へ、石山坂本線は湖のほとりを南北へ。

関連リソース

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※ コメントスパム対策のため、日本語を含まない場合は無視されますので、ご注意ください。