5月13日に2016年度の設備投資計画が東急電鉄から発表された。今年度は、昨年度より7億円増の489億円の投資を計画している。今年度は、田園都市線用の新型車両の製造に着手することとなった。主に以下の内容が計画されている。

  • 田園都市線用の新型車両の製造に着手する。故障につながる予兆を早期に発見するための監視システムや、性能向上したブレーキシステムの搭載、消費電力の削減、低騒音型機器を導入する。全車両にフリースペースを設ける。車内のサイネージの増設する。デザインなど詳細は今後発表される予定で、2017年度に導入を予定している。
  • 安全対策
    • 車両内防犯カメラの設置(継続)
    • 自由が丘(東横線)、田園調布(東横線)、日吉(東横線)、菊名(上りホーム)、反町、中延、緑が丘、二子玉川(田園都市線)、他4駅にホームドア設置
    • 田園都市線の6ドア車を4ドア車に置き換え(継続)
    • 踏切に3D式障害物検知装置の新設・更新(継続)
  • 耐震補強工事
    • 綱島
    • 今年度で高架橋柱の工事が完了する
  • 渋谷駅の出入口14にエスカレーター増設
  • 戸越銀座駅のリニューアル(継続)
  • 用賀、宮前平にエスカレーター新設(継続)
  • 五反田駅にトイレ新設
  • 菊名駅、雪が谷大塚駅などでバリアフリーの強化の工事
  • 祐天寺に通過線整備(継続)

関連リソース