阪堺電気軌道の宿院電停が、2015年秋に大規模改修されることになった。電停の位置は、現在は下り・上りともに交差点の手前にあるのを、交差点を渡った先に移設し、バリアフリー化する。電停は、宿院から分岐していた大浜支線で結ばれていた大浜潮湯の三角屋根をモチーフにしたデザインになっている。
 2016年1月31日に供用開始された。

関連リソース